忍者ブログ
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
アーカイブ
1  2  3 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : ようこ ×
今、凄く人気のあるSANKYOのパチンコやパチスロ機種。
勢いがすごいですよねー。
SANKYOってとても歴史のある企業なんですよ。
なんと、1966年(昭和41)に設立しているわけですから、もう40年以上の歴史があるんです。
同じ業界でずーっと発展し続けているということは、凄いことだと思います。
今やパチンコやパチスロといえば、SANKYOの機種というイメージがありますからね。
どんどん発展しているのは、時代に沿った戦略や、開発力が理由なのかなぁと思ったりもします。
でも、新しい機種をどんどん出すだけではなく、アナログ要素の強い商品においても、古さを感じさせない新たな驚きを提供してくれていますよね。
これも、根強いSANKYOファンにはたまらなくうれしいことです。
新しい機種で新しい客層を呼びこんでもいるし、アナログな機種で昔からのファンをも楽しませてくれる。
こんな発想のSANKYO 毒島会長って、どんな方なのかとても興味がわきますね。
これからも、注目せずにはいられなさそうです。
PR
author : ようこ ×
SANKYO 毒島さんをご存知でしょうか?
パチンコをよく打つ人なら名前を聞いたことは有るでしょうね。
ここは昔から大手として知られるメーカーで、元平和の常務だった氏が興したメーカーで、継続的に魅力の有る機種を精力的にリリースし続けています。
もちろん人気の有る機種は他メーカーも開発していますが、ここの特徴はフロンティア精神と言いますか、先頭に立って新しい魅力を持った機種を世に出す点です。
例えばパトラッシュシリーズなんかが最たるもので、これがファンに受け入れられると、他メーカーがこぞって類似機種を開発したことでも良く分かりますよね。
でもそこはやっぱり元祖、常に魅力の点では一番ですし、シリーズ機種開発の度に魅力要素を追加で盛り込んできます。
これはファンの声をよく分析して不満点を解消している、とも言えますね。
他にはエヴァンゲリオンシリーズも同様のことが言えます。
シリーズ機種では演出を含めて一貫した味を維持し続けています。
つまり以前からのファンが新機種を打っても違和感を感じない訳です。
この姿勢が打ち手の支持を得続ける秘訣なんでしょうね。
author : ようこ ×
僕はパチンコをするときSANKYOさんの台で打つことが多いんですよね。必ずと言っていいほどです。
非常に魅力的な台が多いのでハマって打ってしまうんです。昔パチスロでナナカフェというのがあったのですが、ほんとかわいらしキャラクターだったのでよく打っていました。しかも相性がよく、結構頻繁に勝つことができたんですよね。
今になって考えてみるとああいった面白い台が今も引き継がれ、今も本当に楽しい台ばかりなのでありがたいことだと思います。
今は主にパチンコをしているのですが、ナナカフェを思い出すようなフィーバーパワフルパレスにハマっています。
非常に演出が楽しいですし、大当たりした時の快感と言ったらほかの台よりも良いと個人的に思います。
これだけ面白い台をいくつも出している要因は、やはりSANKYO 毒島会長のすごさだと思うんですよね。
これからもぜひとも打ち続けていきたいなと思っているので、ずっと変わらずにいてほしいなと思います。
author : ようこ ×
身近な娯楽であるパチンコですが、もし、機械的に玉が出たり吸い込まれたりっていう形だったら、今ほどの魅力や人気は出なかったのではないでしょうか。
楽しい演出があったり、懐かしいアニメや子供向け実写ドラマのキャラクターが出てきたりするのが、楽しいというのもあると思います。

色々なメーカーがありますが、SANKYO 毒島氏のパチンコ・パチスロが個人的に思い入れが深いですね。
例えば、私みたいに羽根モノ時代からやっている人間には、マジックカーペットを始めとする、カーペットシリーズがありますね。
なんと言っても、左右に動くVゾーンでしょう。ゲーム性が深いから、やっぱり面白いのです。
後継機のフライングカーペットは、通常時はVゾーンが動かなくて、役物中央に意地悪な溝状の突起があったりして、憎い演出でした。

そして、お金に余裕が出てくると、いわゆるデジパチをやりましたが、やはりココの代名詞ともいえる、フィーバーですよね。業界初の「ステッピングモーター」を採用したことによる演出も最高でした。
スロットの方も、最近になってスターウォーズやら、銀河鉄道みたいな80年代のテーマをやってくれてとても楽しいです。語っているとキリがないほど出てきますね。
author : ようこ ×
皆さんはパチンコやパチスロに興味は有りますか?
実際にお店に並んでいる機械は全てパチンコ機器メーカーが開発して製造したものです。
お店には数百台の機械が有りますが、色んなメーカーの台が有りますよね。
好きな人は色んな機種を打つと思われるかも知れませんが、実際はだいたい打つメーカーは決まっていることが多いんですよ。
同じパチンコ台でも、メーカーによって造りと言うか、テイストがほぼ決まっていますので、同じ系統を追いかけるファンが多いと言うことです。
数あるメーカーの中で、中心的な立場に位するのSANKYO 毒島会長が興したメーカーです。
ここは昔から大手として君臨していまして、平和を退社した氏の会社なんですよ。
ここの機種は派手と言うか、とにかく華やかな点が特徴と言えます。
熱い予告は大当たりにつながりやすいし、見た目と実際の信頼度が一致し易いのもいい点ですね。
これは実際に打てば分かりますが、これがかけはなれているといくら打っても当たる気がしなくなるので客が離れちゃうんですよ。
その点、ここの機種は安心して打てると言えます。
author : ようこ ×
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin